セージ茶

●【学名】
Salvia officinalis

●【原産地】
地中海沿岸地方

●【お茶に使う部位】
葉 (ドライ、フレッシュ)

●【お茶の効能】
ホルモンバランスや発汗過多やリウマチや頭痛や更年期障害やうつ病や肥満や低血圧を改善してくれます。殺菌作用や強壮作用や結構促進作用などがあります。

●【飲み方】
ブレンドまたはシングル

●【注意点】
・フレッシュの方が飲みやすいようです。              
・妊娠中の方は長期間の使用を避けた方がいいでしょう。

●【ブレンドの例】
・ローズマリー1/3杯とタイム1/2杯とセージ1/2杯とスライスしたリンゴを適量。             
(香りが強いのでリンゴを加えてみましょう。頭痛を鎮めてくれます。すっきりとした風味です。)

●【説明】

効能としては、風邪をひいたときなどに、2倍の濃度に浸出した温かいお茶でうがいをするとのどの痛みが和らぐそうです。あとは、不安で眠れない 時やイライラして落ち着かない時などには、神経のバランスを整えて前向きな気持ちにしてくれるそうです。あとは、脳や筋肉の働きを高めるような 作用があるので古くからの言い伝えで「5月にセージを食べると長生きが出来る」と言われているそうです。

イギリスではセージ茶はインドや中国から紅茶が輸入される前までは大変好まれてよく飲まれていたそうです。セージはお茶にするとマイルドなお味 に成りますが、セージそのものは樟脳に似ていて、苦みとすっきりとした香りが特徴です。

セージはかんせおさせると銀灰色に色が変わります。セージの葉の手触りはまるでベルベットのようだといいます。