ハーブティーの飲用以外の使い方(ハーブソープ)

 ハーブソープは肌にやさしくハーブのエキスの効果と良い香りが堪能できるすぐれものの石鹸です。ハーブのエキス(ハーブティー)を無着色、無香料の石鹸に加えて、手作りのハーブソープが作れます。  また、ハーブは自由に選択でき、ハーバルバス(入浴剤)やローションと同じ香りのハーブを選択して香りをそろえることもできます。  ハーブには収れん効果や保湿効果のあるものもあります。よってあなたの肌質にあったものを選べば石鹸にその効果をプラスできます。オートミールや蜂蜜、精油などを加えてもいいでしょう。  形や色もあなたのお好みで作ることが出来ます。インテリアとしても石鹸は使えます。ドライハーブの花などを石鹸の上や中に入れてバスルームなどに飾っても楽しめるでしょう。  また肌ごとにハーブを選択するとよいでしょう。乾燥肌にはジャーマンカモミールが、脂性肌や普通肌にはラベンダーを選択するとよいでしょう。  フットケアに会うのがペパーミントです。男の人に贈り物としてプレゼントなどしてもきっと喜ばれることでしょう。  具体的な作り方は、まず無着色、無香料の石鹸を用意します。そして細かく刻みます。二重にしたビニール袋に刻んだ石鹸をいれて手や足で良く練ります。  次に、選んだドライハーブ5gと熱いお湯400ccをコップに入れて5~10分浸出します。出来たエキスはよく練りこんだ石鹸に3~4回に分けて加えながら更に良く練りこんでいきます。この時エキスを茶こしでこすと、色合いがやわらかくなってそれもまたいいものです。  エキスを良く練りこんで石鹸が耳たぶほどのやわらかさになったら形にまとめます。お菓子の型を使用しても、手でまとめてもいいでしょう。  そして風通しの良い場所で4~5日乾燥させて出来上がりです。