シソ茶

学名/Perilla frutescens viridis 原産地/中国 お茶に使う部位/葉 (ドライ) お茶の効能/鎮静の作用、食欲を増進させる作用、抗菌の作用、鎮痛の作用、アトピー性皮膚炎を改善、風邪の改善、貧血の予防 飲み方/シングルまたはブレンド ブレンドの例 シソ1/3杯とジャーマンカモミール1/3杯とペパーミント1/3杯  風邪をひいたときなどに最適 シソは香辛植物で今日では日本料理には欠かせません。伝来は、奈良時代か平安時代に中国から伝わったそうです。さらっとして飲みやすく シソの風味がかすかにするのがシソの葉で入れるお茶の特徴といえます。ストレスがたまった時や風邪をひいたときなどにはリラックス効果や発汗 作用のあるこのお茶は持ってこいといえます。また、食中や食後に健康茶としてハトムギやカキと同様に飲んでもいいでしょう。 アオジソとアカジソの2種類があって、効能に優れているのはアカジソの方だと言われています。最近の研究ではがんの発生を抑えたりコレステロール 値を下げる働きがシソの種に含まれるα-リノレン酸にあることが分かりました。