ハーブティーのいれ方

 日本茶を飲むのと同じように、ハーブティーを楽しく飲むには入れ方が大切になってきます。肝心なのは相手を気遣う心です、具体的にいえば、お子さんにいれてあげるのなら蜂蜜を加えて甘くしたり、男性にはアイスハーブティーを、またハーブティーを始めて飲む人には誰にでも好まれやすいペパーミントやレモングラスをベースにしてやや薄めに。などなどです。TPOや飲む人によって使い分けると楽しんでもらえるようです。    具体的な入れ方は紅茶と同じと考えていいでしょう。ティーポットを温めてハーブを人数分入れて沸かした熱湯を注ぎます。  そして3~5分ふたをして浸出します。  いれるハーブの量ですが、ティーカップ一杯分(150~180cc)ならフレッシュハーブならティースプーン山盛り2~3杯、ドライハーブならティースプーン山盛り1杯、を目安にするといいでしょう。堅い実やスパイス、大きな葉は細かく砕いたりちぎったりして使うとエキスが浸出されやすくなるのでお勧めです。しかし保存する際は空気に当たる表面積が大きいと酸化しやすいので、使うときに細かくして使い、普段の保存の時はホールの状態(大きな葉や実のまま)で保存するといいでしょう。  お湯を注いでから最低3分間は待った方が香りを引き出すにはいいでしょう。しかし、浸出時間が長いと成分が濃く出ていいように思いますが。香りや味が渋くなり、飲みづらくなるので要注意です。  しかし長く浸出した方がおいしく感じる種類のハーブもあります。ローズヒップです。5~10分間程度時間をかけてゆっくりと浸出しましょう。  温めたカップに茶こし(ストレーナー)を用いてハーブティーを注ぎます。温かいうちにいただきましょう。ティーポットの中のお湯は一回ですべてカップに注ぎ切りましょう。  ハーブは全てアイスでもホットでも両方楽しめます。アイスにあうハーブでおすすめなのはレモングラス、ミント、ハイビスカスとそのブレンドです。  疲れている時など甘味が必要な時には蜂蜜や三温糖など事前のものに近い甘味料を加えるといいでしょう。シロップ代わりにステビアを2~3倍の濃さでいれたお茶を使用してもいいでしょう。色を明るくしたり香りをなじみやすくするにはレモンを入れると効果的です。  ミントやカモミールには牛乳がよくあいます。  ティーバッグでの入れ方のコツは、カップを温めてそこに熱湯をいれ一個のティーバッグをいれて3~5分おきます。このときにソーサーなどで香気を逃がさないようにするのがコツです。  冬は体を温めてくれるスパイスを加えたハーブティー、夏はアイスハーブティーでひんやりと、ハーブの生育盛んな期間は摘みたてのハーブを使ったフレッシュハーブティー、などなどさまざまな工夫をして季節を感じるのも素晴らしいものです。