ハーブティーの効果・効能

 ハーブティーの効果は大きく3つに分けられるそうです。  一つはリラックス効果のあるもので、イライラをしずめたり心身を鎮静させたりする作用があるといいます。  2つめはリフレッシュ効果のあるもので疲労回復や強壮作用があるそうです。  3つ目は体中の毒素を排出する利尿効果のあるもので、新陳代謝を高め美と健康に役立つそうです。  数多くの有効成分がハーブには含まれています。ハーブティーは香りによる効果と飲むことによる薬用効果の二つの効果が楽しめることが特徴です。  心地よく良い香りをかぐことで少量の揮発性成分(精油成分)が鼻から吸収され、その臭いは化学分子なのでその臭いが電気信号となって脳まで届き心落ち着くアロマテラピーの効果が期待できます。  一方、お茶に溶け出してくる水溶性成分にはミネラル、フラボノイド、タンニン、ビタミンなどがあり精油だけでは活用できない成分まで利用できます。    ハーブによって薬理効果はさまざまなのですが、抗酸化作用だけはどのハーブにも共通した薬理効果です。  活性酸素は食べ物の消化や体の中での代謝が行われる過程で発生します。この活性酸素が老化などの原因となるのですが、この活性酸素を無毒化するたくさんの成分がハーブの中には含まれているといいます。  食物繊維を多く含むことにより成人病の原因であるコレステロールを排除したり、女性の大敵の便秘にも有効だといいます。  ノンカフェインであることもハーブティー共通の効能だそうです。  心と体の両方にハーブティーはやさしく働きかけてきます。刺激が強いために精油での使用には注意が必要なセージやクローブなどのハーブもお茶としての利用ならば安心して利用できます。  しかし、一日に大量摂取することや長い期間の常用を避けた方がよいハーブもあります。乳幼児(3歳以下)血圧の高い人心臓の弱い人妊娠中の人は気を付けた方がよいそうです。