人類とハーブティーの歴史

 ハーブティーは古来から人類に好まれてきた薬草茶です。その歴史はどこまでさかのぼるのでしょうか?  まず、人類がハーブを使用した例の最古のものはイラクの6万年前のネアンデルタール人の墓跡から発見されています。現在も薬用として用いられている数種類のハーブの花粉などが見つかっています。  また、紀元前5000年頃、新石器時代には、人類はすでに草や木の葉を薬などとして使っていたそうです。  また紀元前3000頃のメソポタミアではハーブは呪術を行う際に使われていたそうです。煎じて飲んだり燻煙剤として使ったり、また塗り薬などに使用していたそうです。しかし、このころの ハーブに対する認識は薄く医学的効用はあまり知られておらず呪文を唱えると効能が出るととらえられていたそうです。  次に、紀元前2500年ごろのエジプト時代にはパピルスに史料が残っているそうです。バジル、サフラン、ペパーミントなどが医療用のものとして名前が載っていたそうです。  また、ミイラを作るときには欠かせないものだったそうです。つまりミイラの防腐剤として使用していたそうです。  また、エジプト時代の終わりごろに世界の三大美女に名を連ねるエジプトを代表するクレオパトラ、彼女もハーブで染色した衣服を身につけ、ハーブから抽出した香油や香料を使用し、化粧水を用い、お風呂にも入っていたそうです。彼女の美しさはハーブのおかげだったといえるかもしれません。    次に古代ギリシャにハーブは伝わっていきました。医学の祖であるヒポクラテスの書いた医学書には「ハーブの煮だした液を飲む」という処方があったそうです。これがハーブティーの原型と言われています。古代ギリシャのヒポクラテスの時代と言えばざっと紀元前400年ごろのことです。その後プリニウスやディオスコリデスの書いた本草書にもハーブティーの処方が記されています。  中世には、医師の役割を修道士が担っており、薬草園が修道院の中につくられていました。この薬草園がハーブガーデンの始まりだとも言われていますが、修道士にとっては精神を落ち着かせる瞑想の場でもあったようです。E・ピーターズ著『修道士カドフェル・シリーズ』(現代教養文庫)にもその模様が描写されています。  また。修道院はハーブの処方を門外不出にしており、薬草の最終もごく限られた人たちだけに許しており怪奇な伝説が生まれたりもしたそうです。  ルネッサンス時代には印刷技術が発明されました。そのおかげで写本だった本草書が印刷できるようになり一般の人達にも知ることが出来るようになり、ハーブの処方が一般大衆に広まっていきました。  その後、大航海時代には、新しい植物や食物が新大陸やアジアの各国からヨーロッパに持ちこまれました。紅茶やコーヒーなどもその中の一つです。貴族たちにとって東洋文化は異文化の珍しさからか紅茶はとても人気がありはやりました。値段もつりあがっていきました。  いくつかの現象も引き起こしました。お茶と言えば「薬」としてのお茶であるセージやリンデンがヨーロッパでは代表格でした。ゆえに、紅茶もその薬効がはじめは重視されていたそうです。しかしその味のおいしさに気づいてからは嗜好品として広まっていったそうです。ハーブもそれにならって代用茶のような用い方をされはじめたそうです。  アメリカでは、ヨーロッパからの紅茶の輸入を拒絶した時にワイルドストロベリーなどのハーブティーが紅茶のかわりにのまれたそうです。  19世紀には生理学や化学が発展し、近代薬学が体系化されて、ハーブの有効成分の多くが化学的に合成できるようになり化学薬品が誕生しました。多くの分野で化学が活躍していきました。その一方でハーブティーは民間療法として家庭の中で引き継がれていきました。  20世紀に成ると化学薬品の副作用が問題視され始め、再び生薬学に注目が集められます。  第一次世界大戦と第二次世界大戦をはさみ工業や輸入の停止した社会の中で人間本来の生き方が見直され始め、食物や薬にハーブは重要な役割を果たしました。  世界的にハーブに関心が集まるようになったきかけはアメリカ西海岸を中心に1960年代に始まったヒューマンポテンシャル運動です。ベトナム戦争などの影響で反体制を唱えるヒッピー達が「自然に帰れ」と提唱し、人間としての真の豊かさの追求がなされ始めました。その運動の影響は世界中に広まり今日に至ります。今では珍しくないハーブティーが日本に入ってきたのはこの運動の影響が大きいようです。  このような世界的な流れによってハーブティーも「体にやさしい健康茶」として注目を浴び始めました。  このようにして日本にも入ってきたのですが薬としてハーブティーを飲むことが多い欧米に対して日本では嗜好的なお茶としてハーブティーは飲まれています。  その理由としては西洋へのあこがれやファッションのようにハーブティーを見ているからかもしれません。  しかし、考えてみるとお茶を飲む習慣が我々日本人には身についている事にその理由はありそうです。  日本人は日本茶は体いいいことは知っていますが飲んでいる最大の理由はおいしいからです。  それと同じように日本人にとってハーブティーは体に良いことはもちろんのこと。おいしいから飲むということが強く求められているのではないでしょうか。