サフラワー茶

学名/Carthamus tinctorius 原産地/地中海沿岸、エジプト お茶に使う部位/花 (ドライ、フレッシュ) お茶の効能/発汗作用、緩下作用、血行促進作用、動脈硬化の予防、口内炎・婦人病・冷え性・更年期障害を改善 飲み方/シングルまたはブレンド 注意点/妊娠中の方は使用を避けましょう(子宮を収縮する作用があるため) (ブレンドの例) サフラワー1/2杯、ジャーマンカモミール1/2杯、マロウ1/3杯、リンデンフラワー1/2杯。 リラックス効果、疲れを癒してくれます  サフラワーはアザミににており朱色から黄色の花が咲きます。別名はベニバナです。この花から取れる色素は染料として古くから使われており、エジプトのミイラがまとっていた布はワフラワーで染められていたそうです。  サフラワーのお茶は独特の風味とやわらかいフローラルの香りが特徴です。色は美しい黄金色です。  効能はホルモンのバランスを整えて血行を促して体を温めてくれる作用があります。更年期障害、肌荒れ、冷え性、生理不順など女性に多い症状に効果があります。イライラするヒステリックな気持ちも落ち着かせてくれることでしょう。また母乳の出をよくし、産後の肥満を防ぐ働きをするとも言われています。