カキ茶

学名/Diospyros kaki Thunb. 原産地/中国 お茶に使う部位/葉 (ドライ) お茶の効能/高血圧の改善 飲み方/シングルまたはブレンド 注意点/浸出時間は5分くらいと長めにとります。 (ブレンドの例) カキ1杯、ハトムギ1杯。 まろやかですっきりとしていて飲みやすい カキ1/2杯、ペパーミント1/2杯、ラベンダー1/3杯。 リラックス効果、さわやか風味  歴史的には中国の揚子江沿岸から朝鮮半島を経て奈良時代に日本に渡来しました。高さは3~9mほどになる落葉高木です。  お茶には葉を使いますが6~8月に摘んだ葉はビタミンcが豊富でなんとレモンの20倍もあるといいます。この葉を細かく刻み乾燥させたものをお茶として飲みます。味は草のような味がします。さっぱりとしています。  効能としては高血圧対策によいとされています。血圧を下げる成分を含んでいるからです。  またブレンドすると味をまろやかにしてくれるので飲みにくいハーブとブレンドするといいでしょう。  お風呂にはカキのフレッシュ(生の葉)をいれると血行促進に一役買います。