オレガノ茶

学名/Origanum vulgare 原産地/ヨーロッパ お茶に使う部位/葉(ドライ) お茶の効能/消化促進作用、健胃・整腸作用、リラックス作用、咳どめ作用、疲労・乗り物酔い・神経性の頭痛・呼吸器系の感染症を改善 飲み方/シングルまたはブレンド (ブレンドの例) オレガノ1/3杯、ペパーミント1/3杯、タイム1/3杯。 風邪をひいたときなどに、すっきりとしたメンソール系の風味  オレガノはドライ(乾燥した葉)のほうがフレッシュ(生の葉)より強い芳香があります。オレガノ茶は胃腸や呼吸器系の不調を改善するのに役立ちます。味はスパイシーでほろ苦いです。神経が高ぶっている時は落ち着かせてくれるでしょう。咳をしずめたり、食後に飲むと消化を助けてくれます。  また、入浴剤としてドライハーブや浸出液(ハーブティー)を使うと、心や体の疲れを取り除いてくれるでしょう。  またトマトとの相性がいいのもオレガノの特徴です。トウガラシやニンニクをよく使う中華料理には欠かせないようです。