アーティチョーク茶

学名/Cynara scolymus 原産地/北アフリカ お茶に使う部位/花、茎、葉(ドライ) お茶の効能/肝臓の解毒作用、消化促進作用、胆汁分泌の促進、便秘・貧血・動脈硬化症・糖尿病を改善 飲み方/シングルまたはブレンド (ブレンドの例) アーティチョーク1/2杯、ジャーマンカモミール1/2杯、ペパーミント1/3杯をブレンド。消化を促進し、胃のもたれを解消してくれます。  アーティチョークは味がほろ苦くさわやかな草木の香りがするさっぱりとした風味です。苦いため、味を楽しむというより薬効に期待した用い方が一般的です。  肝臓に効果のある薬草としてベトナムでは二日酔いのぼうしに利用されているそうです。イタリアやフランスなどでは花のつぼみを珍味として食べているそうです、。詰め物をしてオーブンで焼いたり塩ゆでにしたり、、酸味のあるソースを添えたサラダにしたりと様々な調理方法があるそうです。  また学名は犬の歯を意味するラテン語に由来しているそうです。その理由は苞の形が犬の歯に似ているからだと言われています。  あと、アーティチョークは別名「チョウセンアザミ」とも呼ばれており多肉質のアザミに似た大きな花を咲かせます。